綿工房

綿から糸を紡いで布を織る 綿工房です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コースターをつくる

ko-suta1.jpg

手紡ぎの布でコースターをつくります。
手紡ぎの糸で刺繍もします。
ワークショップ開催いたします♪

 手紡ぎコットンでオリジナルコースター作り    
           
日時:2009年4月25日(土)
          4月26日(日) 
場所:bonton  カフェスペース
時間:12:00~2時間位
料金:2,300円 (材料費 お茶とお菓子付き)
定員:5名/ 日 

bonton
兵庫県芦屋市公光町10番10号 B.Block S-2
TEL/FAX  0797-34-1678
営業時間 11:00~19:00




スポンサーサイト
  1. 2009/03/28(土) 10:10:38|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

残糸で刺繍

自分で紡いだ糸で布を織る
たて糸もよこ糸も手紡ぎ
紡いだ分しか布にはならない

機にかけるには多少無駄が出る
織り付けのときに結びつける分と
最後におまきにつながってる部分

糸がもったいないので
1本1本結びつけるひともいるようですが
私はそのつど織りつけ布にしばり
ギリギリまで織って残りは切ってしまいます

残糸はひもになったり、さし糸にしたり少しは利用できますが
なにかもっとうまく使えないかな?と・・・
そこでいつからか刺繍をするようになりました

手紡ぎの布に似合う糸はやはり手紡ぎ
チェーンステッチで簡単なモチーフを刺しています
はじめは綿と糸巻きの刺繍をピンクッションにしていました
ほかにもコーヒーカップや花を挿したコップ
難しいものでははさみとか

DSCN7601.jpg

かごはモコモコの糸が編んだかんじにみえるかな?

今度はこの刺繍のワークショップを考えています
4月のbontonさんでの二人展に行います
主に食器など器を扱うお店なので合せて使っていただけるように
コースターに刺繍することにしました

ふだん刺繍なんてしたことないという方も
紙に絵を描くように糸で○でも線でもなんでもいいと思います
自分のマークや好きなモチーフもあるでしょう

もったいないの気持ちとつくる楽しさ
また後ほど詳細をお知らせします







  1. 2009/03/20(金) 07:28:32|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

予期せぬ出来事

DSCN7558_convert_20090301010327[1]

残っていたグリーンコットンには全部糊をかけた
これから織る縦糸にはだいぶ多めだったが
お天気を気にせずに次の糸がいつでもかけられるように

そうこう通しをするときは
おまきをひもで機の枠からつるします
機の真ん中に椅子を持ち込んで
右から順に通します

昨日から織り始めて30センチくらいすすんだところ
いつものように織りあがった部分をお腹のところにあるちまきに巻き取り
棒をてこにしてぐいっと糸を張ってまた織りはじめようとしたら・・・
スルッと棒がはずれて糸がカラカラと出てきてしまう

おまきの歯車の辺りになにか落ちたみたい
微妙な形の木片
どこからそれがはずれたのかよくわからない
いつもの姿を思い浮かべてその木片の戻るべき場所をさがす

福島の蔵の中から出てきた古い機には取扱説明書のようなものはない
材木同様にばらばらに束ねてあったものを
墨で書かれた目印
(○や□や右とか左)をたよりに組み立てた

壊れて治すといっても自分の記憶と
機の構造をよくよく考えてみることしか方法がない
木片のこすれ具合だとかくっついていた形跡をみつけたい
思いつく範囲では対処できず子供を機の下にもぐらせてよく見てもらった

まだ解決せず、鏡で見えない裏側なども観察
あれこれ試して、動かして・・・
釘のあともなし、ボンドなど使った形跡もなし
かといってはめ込む場所も見つからず

誰かに聞こうにも古い機のサポートセンターなんてないし
足利の機屋さんか益子の先生か?
ちょっと休んで気を取り直してもういちど見直す
縦糸を少しづつ繰り出す歯車のストッパーが効かないのだ

ずるずるとだらしなく引きずられてしまう糸が悲しい
いろいろ試して、何度もそうこうを行き来する糸
あまりこすれるのも考えものだ
このままだと織ることはできない

歯車を見つめて、落ち着いて考える
どこに出っ張りがあれば歯車が止まるだろう?
古い機は使っているうちに使いやすくするために
歯車がふたつついていた

内側の4枚の羽ばかり見ていたが
外側にもきざみの細かい歯車があり
その歯車にかくれるように細い切り込み穴が見つかる
この間30分あまりだろうか?

まわりで心配そうにしていた子供たち
早速木片を打ち込むための金づちを持ってきてくれて
軽くトントンと叩き所定の位置へはめこみ
元通りしっかりと歯車は食い止められました

何か壊れるとドキッとします
でも自分で考えて治すことができるものっていいと思います
予期せぬ今日の出来事は
一件落着
ほっ。




  1. 2009/03/01(日) 01:45:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。