綿工房

綿から糸を紡いで布を織る 綿工房です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木綿布の首飾り

DSCN7108.jpg

千葉県市川市のギャラリー「らふと」の夏休みのワークショップ

手紡ぎ木綿のはぎれでお裁縫です。
はぎれなのでとても小さいです。
切れ端はほつれやすいのでミシンがけがしてあります。

形は自由です。
巾着でも蓋付きでも
中に小さな宝物を入れてもいいのです。

紐も作ります。
手紡ぎ木綿の残糸は糊が利いているので
何本かまとめてみつ編みしたりねじったり・・・

11人が午後のひとときを一緒に過ごしました。
はぎれは全て手紡ぎの糸なのでちょっと糸紡ぎの体験もしてもらいます。
どんなに小さな切れ端も捨てられないその気持ちが伝わるでしょうか?

白、茶、グリーンと藍
地味な色の布の中では藍の生葉染めの淡い水色がとても目立ちます
選んだ布にほんの少しの水色の糸を加えたり
不ぞろいなアフリカのビーズの中から真っ赤や黄色など
元気な色を選び出し、アクセントにぶら下げたり

ちくちくと縫い上げる小さな小さな袋が
それぞれの顔を持って出来上がります

DSCN7248.jpg黒い服に茶のふっくらとした袋が良く似合います


こちらはきれいな水色の木綿に茶の細長い袋ですDSCN7251.jpg

バードコールを入れる袋もできました。
DSCN7245.jpg


限られた素材からそれぞれの個性が浮かびあがる
こんな布遊びはとても楽しく
またやってみたいと思います。

あなたならどんなものを作りますか?





スポンサーサイト
  1. 2008/08/28(木) 11:27:36|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

8月です。

子ども達は夏休み
私は織りに紡ぎにどっぷり

そんな中、思い切ってひとりで遠出してきました
綿作りを30年来続けている伎部幡本舗の寺田徳五郎さんに会いに
静岡県磐田市まで・・・

昨日は暑い暑い暑い日でした
徳五郎さんと奥さんと私と3人で綿畑へ
短い時間ですが一緒に草取りをしました

私の父より3つ年上
昔話がおもしろいです
奥さんサイドの話も身につまされます


8日(金)は糸紡ぎのワークショップです
寺田さんの綿に触れながら
こんな話もしてみようと思います
  1. 2008/08/05(火) 16:01:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。