綿工房

綿から糸を紡いで布を織る 綿工房です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小屋に灯りがともる頃

二日間の工房からの風が終了しました。

DSCN6558.jpg


昨日の今頃
最後の荷物の積み込みを手伝う
暗がりにぽつぽつと帰り支度

去年は自分の荷物を積み込んで
お茶をいただき別れを惜しみながら
あの庭を後にしました

昨日は最後まで庭に残り
出展者の皆さんを見送りました
デッキでひと息つきながら
暗がりを見つめると
おりひめ神社の前に
ゆっくりと姿をあらわした
白猫ハッチの姿が浮かび上がる

二日間の賑わいが夢のようです。


DSCN6562.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/10/22(月) 18:40:23|
  2. 未分類

針仕事

DSCN6525.jpg


手付かずだった布
ほどいた着物
茶と黒の細いたてじま

畳みの上に広げる
何を作るの?
スカートだよ。
じゃあぼくはズボンが作りたい!

いきなりズボンはちょっと難しいよね
バッグなんてどう?
じゃあそうする。

はぎれの箱を開くと
いろんな色のフェルトの束を見つけて
これで作ると選んだのが
深緑、海老茶、栗色

色を合わせながら形をイメージしているみたい。
そのうち小さなバッグを思いついて
「ねずみのバッグにしよう!」

初めての針仕事です。
初めてとは思えぬその手付き
その後、人生2度目のお手紙
字を書くのと針を持つのと
同時に身につきそうです。

DSCN6522.jpg

  1. 2007/10/15(月) 00:03:45|
  2. 未分類

百のポット、百のカップ

6日(土)から
萩原千春さんの「百のポット、百のカップ」展が始まりました。

日本橋のヒナタノオトにて

ポットもカップも本当に百を越える数が並んでいるようです。

10月20日21日の工房からの風では
このポットづくり方を実際見せてくれるそうです。
ポットはいくつかの部品を別々につくり
それを組み立ててひとつのポットに仕上げます。

DSCN6463.jpg


千春さんのお話を聞きながらのポット作り見学
本当は一番前で聞きたいのですが
同じ時間に私も糸紡ぎのワークショップをします。
当日作品の展示はありませんので
ポットの欲しい方はヒナタノオトへどうぞ。

しっかりした持ち手のポットは
茶葉を捨てるときのことまで考えて
使いやすいように使いやすいように
ていねいに作られているそうです。

いつもわかりやすい言葉で
親切に伝えてくれます。
確かな仕事に触れることは
自分の仕事の励みにもなります。

  1. 2007/10/08(月) 07:48:26|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。